• このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU 新型フォレスター19年式にパイオニアの楽ナビ AVIC-HRZ099の取付です。
作業中の本日の口ずさみソングは
「♪タッティディディタタタティッテテテテxテ~」
もちろんサンダーバード…
SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 1

他にETCを連動して携帯電話接続ケーブルとiPod接続ケーブルの設置。
もう一つ純正のステアリングリモコンを使用可能にするALCONの設置。
ALCONは私も知らなかったのですが最近の車には一部ステアリングに純正オーディオを操作するボタンがついています。
通常ですと社外ナビや社外オーディオに交換するとそのボタンは無用の長物となり渋滞時の暇つぶしにポチポチするだけの物になってしまいますがこのALCONを使うと交換したカーナビのリモコンを学習させてステアリングスイッチの機能を最大限生かすことが出来ます。
CANバスアダプタープラスにもよく似た機能があるのですがリモコンの学習はしませんのでせいぜい音量の上げ下げとCDの選曲はつけるカーナビによりマチマチです…
実際の操作は付属の赤外線LEDからの送信により行われます。
またリモコンの記憶はALCON本体受光部にカーナビのリモコンを向けて記憶させます。
家電の学習リモコンと同じですね。後述しますが大変な優れものです。

今回の設置おしながき

  • カーナビ本体:パイオニア AVIC-HRZ099
  • ETC車載器:パイオニア ND-ETC5
  • 携帯電話接続ケーブル:パイオニア CD-H16
  • iPod接続ケーブル:パイオニア CD-I020
  • ステアリングリモコン学習機:ALCONスバル用

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 2作業ですがかなりの道の渋滞と前作業があったためにオーナーさんのところについたのが16時前。
ETCの設置場所やiPod置き場をオーナーさんと検証して16時半頃にやっと作業開始です。
あたりはもう既に薄暗くなっています…この時点でナイター営業の覚悟は出来てました。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 3まずは作業前の状態。
トヨタ車と同じく2DINワイドの純正オーディオ

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 4協議の結果ETCと他ケーブル2本はセンターコンソルの中に置きます。オーナーさんの意向により「極力穴を開けたく無い」とのことなのでこの写真右奥のAUX端子部分を外しそこから配線を引き込みます。
純正オーディオは外してしまいますからどうせこの端子は利用できなくなりますし大きさ的にもちょうど良い感じです。
ただ問題はセンターコンソールまでETCを持ってくる場合アンテナの長さの問題があります。
今回はアンテナを車両上部中央に貼付け助手席側を最短距離ではわしここまで持ってきました。
最終的にぎりぎり届く限界でした…
だから問題では無かったのですが簡単に継ぎ足せないケーブルは長さを考えなくてはならないよって事です。
ちなみに今回一番カツカツだったのがiPod接続ケーブル…これが結構経路に試行錯誤しました。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 5すっごく見辛い写真ですがガラス面に行くケーブルは全て助手席ピラー内を通します。
[地デジ4ch分の4本、ALCON送信LEDが1本、ETCアンテナ1本]の合計6本です。
まとめて天井内張に押し込むのは無理ですのでクッションテープで脱落を防ぎつつ余裕をもたせ内張内に格納します。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 6ダッシュボックスを外しその裏に各種ケーブルを這わしていきます。
今はぷらーんとしていますが最終的に上部にタイラップで固定します。
ビニールテープは使いません…笑

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 7センターコンソール内に行く配線はタイラップで固定し脱落防止クッションをまきコンソール内を通します。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 8純正オーディオを外した状態です。この新型フォレスターはスバルの新型20pinコネクターを採用しています。
このコネクターの中にステアリングスイッチのプラスとマイナス合計2本の操作線が入ってますのでALCONの接続はそこに接続します。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 9ALCONの接続をしているところです。
2本の信号線と常時電源、アクセサリー電源、アース。
ピンぼけですがあたりは真っ暗なので…

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 10一通りの配線をオーディオパネルからひとまず出します。
今回もGPSアンテナはこの中の送風ダクト奥に固定しています。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 11完成間近です。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 12試運転…
地デジが非常に綺麗に入ります

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 13ETCはこんな感じです。
下の二本のケーブルはiPod接続ケーブルと携帯電話接続ケーブルです。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 14上の小物入れを乗せたところ。
小物入れと言うよりまんまiPodの絵が描いてあったので本来iPod置きな訳ですなぁ…

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 15ALCON本体は今後リモコンの学習内容の書き換えに備えダッシュボックス内に出しておきます。
上の太い線は携帯電話接続ケーブルの中継地点です。
これもここに出しておきます。
と、言うのもこのHRZ-099はUSBメモリーも使用できます。
通信経路を1系統しか持っていませんのでここでつなぎ替えを行うためです。
同時接続出来る様に分岐キットでも出してくれればいいのですが…

パイオニア 拡張ユニット ND-UH40と、書きつつパイオニアのサイトを調べると出てましたね
パイオニア 拡張ユニット ND-UH40
これを使えばいちいちケーブルの差し替えは必要ありませんね

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 16てなわけで完成です。

SUBARU 新型フォレスター パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ099の取付 完成何の番組でしょう?
時間は9時を回ってます…

このあとオーナーさんとスマートループの設定を行いました。
携帯電話とつなぎあとはカーナビ上で全て操作します。
晴れて登録が完了したようです。

続いてALCONの学習…
割り当てボタンは音量の大小とモード切替あともう一つは忘れました…
送信部LEDは天井内を通しバックミラーまで持ってきています。
カーナビ本体のちょうど真上に来る位置なのでそこから真下に向けて照射しています。
赤外線ですので肉眼では見えません…

CANバスアダプタープラスの送信部LEDは指向性がかなりシビアですがこのALCONはすんなり送信できます。

このALCON…ズバリ 「使えます」

あとオーナーさんからAVIC-HRZ099の使用感レビューをいただけるとのことですが設置して触った感じではこの楽ナビAVIC-HRZ099はイチオシです。
過去エントリーでも数機種のお勧めをご案内しましたが価格面でも質、画質、スピード、操作感、ブランド…全てにおいてイチオシです。

タレントがテレビでこんなことを言うと対象物が山の様に送られてくるそうです。ョ…

追伸…
冬になり日が短くなってあたりが暗くなってくると一気に作業スピードが落ちます。
何をするにもどこに何があるのかも手探り状態です…
もちろん照明はたいていますが…
太陽の力って素敵だなぁと思える瞬間でもあるのですが…

夜はやっぱり寒いんです…

久々の手書きですがこれを書いているのはこの作業(12月13日土曜日)の次の日の夜中なんですがこの作業の次の日もナイター営業に…すなわち土日はナイター営業
このナイター営業は次々回くらい?のエントリーで…