• このエントリーをはてなブックマークに追加

エスティマの出始めの頃のキャッチフレーズは「走るタマゴ」「天才タマゴ」?
どっちか忘れましたが初代エスティマには数年間お世話になりましたね…スキー・スノボには欠かせない一台でした。

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付12年式トヨタ エスティマ[ACR30W]にカーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付及び交換作業を行いました。

  • カーナビ本体:パイオニア 楽ナビ AVIC-HRZ009G
  • 地デジチューナー:パイオニア 同梱地デジ フロント4アンテナ
  • バックカメラ:パイオニア ND-BC3
  • ETC車載器:トヨタ純正
  • フロントスピーカー:パイオニア TS-C1710A
  • バッフルボード:インナーバッフル ハイグレードパッケージ UD-K711

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付まずはオーディオ周りを分解。
このあとメーターフードとメーターも取り外しています。
メーターフード内にGPSアンテナ、メーター裏からリバース信号を取っています。

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付今回はパイオニア製のバックカメラ ND-BC3を使用しました。
よく使うパナソニック製CY-RC50D/KDと同様に小型で画質も良いですね。
カメラコントローラーも新型で非常にコンパクトです。

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付バックカメラは純正と同じ装着位置なので違和感はありません。
純正を真似る訳ではありませんがやはりこの位置がベストな後方視界を得ることができます。

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付フロントドアを分解してインナーバッフルとスピーカー[TS-C1710A]のみ設置したところです

インナーバッフル ハイグレードパッケージUD-K711を装着したのですが完成写真は撮り忘れですね…
バッフルボード自体は金属で出来ており付けた感じはかなり剛性が増します。

地デジチューナーは助手席下に設置しました。これも写真は撮り忘れです…する事が多いとつい写真は忘れてしまいます…

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付ETC車載器は運転席側小物入れ内に設置しました。
トヨタ純正のアンテナ分離タイプ
カーナビとの連動はしていません。

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付TS-C1710Aに付属のツィーターはこんな感じで取り付けています。
ちなみにクロスオーバーはドアパネル内に隠してあります。

エスティマ ACR30 カーナビ/バックカメラ/ETC車載器/フロントスピーカー/バッフルボード/地デジチューナーの設置・取付カーナビAVIC-HRZ009はこんな感じで収まります。
この「エスティマ」も2DINナビがきっちり見やすい位置にセットできます。

このエスティマもそうでしたがヘッドライトがかなり曇っていました…
2代目の初期型30系はヘッドライトの内側・外側ともに曇ってしまいぼやけた感じになってしまいます。
ヘッドライトのオーバーホールとHID化によって見違えるほど顔つきが締まります。