• このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から景気対策の一環?として話題になっていた「高速道路休日1000円定額制」がいよいよ3月28日よりスタートする見通しです。

大都市圏の首都高を除く高速道路の地方路線を対象にした割引サービスでどこまで乗っても1000円で通行可能。
また通常料金が2000円以下の区間は一律半額となりますよ。

例えばワタシが大阪の実家に帰る場合
伊勢道 久居インターから東名阪自動車道を経て新名神、名神と乗り継ぎ大山崎インターまで乗った場合普段なら3050円必要ですが割引対象日なら1000円です。

3050円が1000円になるのも大きいですがもっとスケールの大きい疲れる例えをだすと
伊勢道 久居インターを出発して

伊勢自動車道 久居IC⇒関JCT
東名阪自動車道 関JCT⇒亀山JCT
新名神自動車道 亀山JCT⇒草津田上JCT
名神高速道路 草津田上JCT⇒吹田JCT
その後
中国自動車道⇒山陽自動車道路⇒広島岩国道路⇒山陽自動車道⇒中国自動車道⇒関門橋⇒九州自動車道と乗り継ぐこと1001.4㎞を走破して鹿児島ICまで乗っても

「料金は1000円でっ」

通常なら19950円が必要です。なんと95%の割引…
ガソリン代を入れても片道11000円程度で鹿児島まで行けます。

さて、割引対象になるのはETC車載器を設置した車のみになりますからETC車載器は必須です。
ETC車載器の設置に対しても国から助成金が出ますのでまさにETC車載器を設置するなら今がチャンスです。

通常時でも深夜割引や通勤割引。またETCマイレージサービスなど得な事しかないETC車載器は早く付ければ付けるほど生涯の「お得」は増える一方ですよ。
ETCのお勧めは当ブログ過去のエントリー「ETC車載器のススメ」も参考にしてもらえればETCマイレージサービスの詳細も記述しています。

当店インサイドでも助成金制度を利用して3月12日から3月31日まで助成金適用価格で本体の販売及びもちろん設置も行います。

販売価格や詳細に関しては後ほど別エントリーにてご案内いたします。

3月13日「高速道路1000円定額 助成金制度利用 ETC特別販売」のエントリーを公開しました。
助成金適用の特別価格となっています。是非ご検討下さい。

参考サイト:iZa「国交省、高速大幅値下げに合わせ ETC搭載費用を助成」