• このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月22日日本の陸上で46年ぶりに観測することの出来る日食
なんでもトカラ列島の悪石島では今世紀最長の皆既時間は6分35秒…

しかし天候は風雨に見舞われてしまったそうな…
でも皆既時刻になるとあたりは夜になったようになり良くも悪くも良い思い出になったんじゃないでしょうか?

私の住む三重県はと言うと…
DSC015061
2009/07/22 午前11時7分 普通に薄暗い曇りでした…

DSC01507
一応太陽の方向も撮ったのですが…雲の写真です。。

三重でも最大81%ほどの部分日食がおきていて日食グラスを使えば三日月方の太陽が見えるはずだったんですがねー

一方日本でも歓喜があがったところも勿論あります。

硫黄島…

民間人は立ち入り禁止ですがNHKと国立天文台のチームは行っていた見たいです。
何でも硫黄島からのハイビジョン放送は初の試みなのだそうだ。
DSC01525
すごいです。。まさに黒い太陽

もっとすごいのがこの写真
DSC01529
太陽のプロミネンスがくっきり…
専門家の人も貴重な映像ですと言うくらいのすごい映像らしい
この火柱だけで地球の何個分もあるそうな…いやぁ広大…

その後時差放送で太平洋上の日食観測ツアー船からの映像を見ましたがこちらは大歓声がおきていました。
何故でしょうその見事な完全な皆既日食の映像が映った瞬間思わず涙が出てしまいました。

皆既日食という現象は太陽、月、地球が一直線に並んだ時に月が太陽を隠してしまう現象ですが何故全く同じ大きさになるのでしょうか?
それは月と太陽の大きさが400倍違いまた距離も同じく400倍違う為に一直線上に並んだ時に全く同じ大きさになるんだそうな…
何という奇跡なんでしょうか?

この全宇宙にこの奇跡を起こしているところは他にもあるんでしょうかねぇ…

今こうして人間が地球上に命を宿しているのは奇跡の中の奇跡な出来事

さぁ一日一日を大切に生きないと…

にほんブログ村 トラコミュ 皆既日食へ 皆既日食