• このエントリーをはてなブックマークに追加

今日が29日、現在23:30をまわっていますので残すところは明日と明後日

ワタシの時代は小学校、中学校と夏休みは7月20日~8月31日までと決まっていたのですが最近は八月中に学校始まるのでしょうか?
まぁ土曜日も休みの日があったりと年間の休みは確実に増えているとは思うけど中途半端な日にちに学校が始まるのは??です。

出席日数と言う義務教育の時間あわせ的な休みの取り方でしょうがワタシは昔の方式を指示します。
なぜなら
中途半端は嫌いだから

小中学生の頃の夏休みの想い出は一杯ありますが八月最後の1週間と言えば「宿題」です。
絵日記でさえ最後の1週間で仕上げますしファーブル昆虫記やシートン動物記も1週間で読み感想文を書かなくてはなりません。
ラジオ体操も最後の1週間で判子を全てためてしまいます。

そして運命の8月31日は大抵、

おかん「あんた明日から学校やで!いつまでも夏休み気分でうかれとったらあかんで (怒っ)」

少年ワタシ「あーあ7月20日に戻ってくれへんかなぁ (寂)」時に涙…

もしその当時8月25日が2学期の始業式ならお盆の辺りから宿題を始めないとダメでしょ?
そうなると夏休みに入ったと思えばすぐに宿題を開始する事を念頭に置いておかなければ…

これでは夏休みは楽しむことなんてできませんよ。

今の子供の学校の事情とは大人の事情であって子供達はそれでいいのかな?

明日は衆議院選挙の投票日です。
政治や選挙のために学校教育を語るのでは無く自分たちが子供の頃何が一番楽しかったかを政治家の皆さんは思い出してくれたらなぁ、と思う。
有権者の顔色と今の親の事を考えるのではなく自分が子供の頃の理想を現実化させれば…
それを出来る立場になったのだから。

色々書きましたが結論として

8月中は夏休み

宿題は無しよりあった方がスリルがあるので必要。

小中高の12年間は八月いっぱいは思う存分遊べば良い!

思いっきり遊んだら思いっきり勉強できるしそれは仕事でも一緒。
だから何でも中途半端無く思う存分やりましょう。

オワリ