• このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルのレガシーにクラリオン製カーナビMAX-850HDとバックカメラの取付を行いました。
あとエアコン送風口の中央の小物入れが有る部分に7インチのモニターの埋め込みも行います。

スバル レガシーにクラリオン製カーナビとバックカメラの取付設置車両
スバル レガシーB4
SUBARU Legacy

レガシーB4の純正オーディオ作業前の純正オーディオパネルです。
下の異形オーディオの部分にクラリオン製カーナビを設置します。
純正のオーディオレスパネルとエアコン操作パネルが必要になります。
上のフタのついている小物入れの部分に7インチモニターをはめ込みます。

レガシーB4の純正オーディオの取り外しまずは純正オーディオの取り外しを行います。
新しいパネルにスイッチ類の移植も必要になります。

レガシーB4にバックカメラの取付 ナンバーの取り外しバックカメラはトランク部分に取り付けるのですがナンバーを外してしまいます。
封印を破るわけにはいかないので小技を使いナンバーを外します。
今の封印は昔の方法では外れません…
ナンバーを取り外しリアパネルも外してしまいます。

バックカメラ クラリオン CC-2018Aバックカメラはクラリオン製
クラリオン CC-2018A
クラリオン製のカーナビは直接つなぐことができます。
もちろん他のカーナビにも取付できますしクラリオン製カーナビに汎用バックカメラを取り付けることもできます。
要するにカーナビとバックカメラの組み合わせは基本的に自由です。

レガシーB4にバックカメラの取付バックカメラを取り付けたところ
ちょこっと頭だけ出している感じです

スバル レガシーにクラリオン製バックカメラの取付離れて見るとこんな感じです。
目立たないでしょ?
純正よりもさりげなくが当店のモットーです。笑

レガシーのバックカメラからの映像バックカメラからの映像です。
バックカメラはかなり広角ですのである程度の角度でも広範囲が映ります。
バンパー先端が映っているとバックでぶつけることも無いと思います。

レガシーの小物入れに7インチモニターの埋め込み上部小物入れのモニター埋め込みです。
専用品でもないのでワンオフでの埋め込みです。
パネルを切って幅を合わせて角度を付けて取り付けます。
隙間もきちんと埋めてしまいます。

スバル レガシーB4にカーナビの取付完了無事にスバル レガシーにクラリオン製カーナビとバックカメラ プラス 7インチモニターの取付が終了いたしました。

スバル車の異形オーディオの交換は純正の2DINオーディオパネルが必要になります。
またエアコンの操作パネルも一体式のために同時に購入が必要です。
これらは新車購入時にオーディオレスを指定すると標準で装備されてきますので社外カーナビを設置予定の方は前もってオーディオレスを購入しましょう。

純正オーディオも捨ててしまってはECOに反してしまいますもんね!