• このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツタントにETC車載器の取付を行いました。
作業中に既設されていたオンダッシュ、ポータブルカーナビの配線を隠してもらえないかとの依頼を受けすっきりと配線隠しも行っています。

ダイハツ タントにETC車載器の取付作業する車両
ダイハツ タント
DAIHATSU TANTO
L375S/L385S型

ポータブルカーナビの配線隠し 作業前作業前のカーナビの取付状態
決してスマートとは言えないですよね…
ここはすっきり配線を隠してしまいましょう。

タントにETC車載器の取付 運転席まずはETC車載器の取付を行います。
運転席の下にETC収納スペースらしき場所がありますのでそこに取り付けましょう。
こんな感じでETC車載器を取り付けます。

タントの純正オーディオ取り外しオーディオパネル一式を分解します。
オーディオも取り外します。

シガーソケットも増設して車両のシガーソケットは使いません。
よってケーブルは一切見えなくなります。

タント ポータブルカーナビの配線隠し 作業完了配線を全て隠してしまいました。
こちらの方が見た目も良いですね。

タント ポータブルカーナビの配線隠し 作業完了 真横から真横から見るとこのような感じです。

同じようにレーダー探知機の配線や小物の電気配線はすっきり隠すことが可能です。
加工のポイントとして極力目立たない部品を加工するのが前提です。
ダッシュボードに穴なんかあけてしまったらそれこそ大変ですからね…