• このエントリーをはてなブックマークに追加

気がつけばもう朝の4時です。
今日はセキュリティーの取付予約が入っているのですが…大変です。

まぁ色々眠れない原因もあるわけで、しかしこれと言って決定的なことも無いんですけど。
あっ鬱じゃないのでみなさんご安心を…

そう言えば先日ラーメン屋で新聞を読んでいたのですがその時の事を書きましょう。


読んでいた新聞は読売新聞、読んでいたページは読者投稿のページでした。
その日のテーマは「品格」

今はブームですね、この「品格」と言う言葉。
そう朝青龍問題でにわかブームとなっている品格です。

ワタクシは朝青龍好きですね。
と、書きながらも相撲自体にはあまり興味はありませんが…
今の相撲界若貴兄弟がやめてから誰が人気を保ってきたか?
そう朝青龍じゃないのかな?
多分マスコミに対する朝青龍の態度は日本のマスコミを毛嫌いしている気持ちの表れだと思う。
このブログでも何度も書いてますが今の日本のマスコミは何か事があると徹底的に叩く、叩く、叩く
それまで持ち上げておいてから叩くからその威力は凄すぎると思う。

鬼の首を取る

とはまさにこのことです。

今回の件にしても知人と酒飲んでささいな事から痴話げんかしただけのことでしょ?
社会人なら誰もが経験あるだろうし次会った時に「ごめん」で済む話でしょ。

そこを朝青龍は一般人ではなく「横綱」だと…
横綱の品格たるものどうのこうの、横綱である前に一人の人間だからね。

品格を保つのは横綱の前に現在のマスコミ姿勢だと思うのはワタクシだけか?

前置きが長くなりましたが(えっ今のが前置き…ってのは無しで)

その読者投稿を読んでいて気になる投稿がありました。
気になったので投稿者の年齢を見ると70歳の男性の方でした。

そのおじいさんの投稿の内容は

今年大雪が降ったある日どこもかしこも道路は大渋滞。
除雪作業や何やらで片側通行になっていたらしい。
おじいさんは対向車に道を譲るために停車したそうだ。
その時、まさにその時である
事もあろうにその対向車のドライバーが会釈もせず普通に走り去ってしまったのだ。
おじいさんはせめて挨拶やクラクションを鳴らすことは出来ないのか?
最近の者は譲り合いの精神が無いのか?
品格の無さを感じる…と、嘆いてらっしゃった。

まぁ内容を読めば納得する部分もある。
軽く手をあげるなり首をこくりとするなりホーンをならすなりしてもいいもんだ。
ドライバーとしてのマナーだわな。
でもワタクシはこの記事を読んで違和感を感じ同時に悲しくなった。

おじいさんは人の気持ちを感じて感謝する気もないのかと嘆いてられるのだが本当にこのおじいさんは人の気持ちを考えているのだろうか?
急な大雪で普段雪道など走らない人が運転に集中して挨拶どころでは無かったかもしれない、とは考えられないだろうか?

譲った事で腹を立てるくらいなら譲らなければいいのです。
お互い譲らなければ途中で鉢合わせで両方立ち往生です。
自分がこの道をスムーズに通るために止まったと思えば良いのです。

70年も生きてきたなら今まで色々な人間を見てきたと思う。
出来た人、出来てない人、善人、悪党etc.
人の気持ちを考えるとはそれぞれの人の立場になって物事を考える事だと思うんです。
悪い奴だからあいつはダメだと決めるまえに何故あいつは悪いことをするのか?と、

今回の場合はおじいさんに「譲ってあげた」と思う心があったからこそ礼があって当然と考えたのでしょう。
ワタクシが思う譲り合いの精神とは「譲ってあげた」と思う気持ちさえなくす事だと思います。
してあげたってのは思い上がりの気持ちです。

「ありがとう」の言葉と同じです。
「ありがとう」とは言おうと思って発するのではなく自然と発せられる「ありがとう」に真の意義が込められてると思います。

ワタクシですか?
まさか他人を説教だなんて思ってません。

今日も横の車に割り込みさせたったのにハザードも出しやがらん…
ハザードぐらい出せっちゅうねん ゴォラァァァ怒

ってのが日課ですから。