• このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタのクラウンの純正マルチビジョンにトヨタ純正のバックカメラを追加で取付を行いました。
純正マルチにはバックカメラ付とバックカメラ無しの設定があります。
今回は純正バックカメラ無し設定車に純正バックカメラを取り付けてしまうと言う作業です。

市販カーナビにバックカメラを取り付けるのとは必要部品や作業内容は大幅に変わります。

クラウンに純正バックカメラの取付施工車両
トヨタ クラウン
TOYOTA CROWN GSR 180 GSR18#系

クラウン純正EMV エレクトロ・マルチ・ビジョントヨタ クラウンの純正EMV
EMV=マルチビジョンシステム

クラウン 純正マルチ パーキングアシストコンピューター純正マルチへ純正バックカメラを追加するにはこのパーキングアシストコンピューターが必要になります。

クラウン パーキングアシストコンピューター 設置位置このパーキングアシストコンピューターは車両のこの部分に取り付けます。
純正ユニットなので取り付ける場所はきちんとあります。
これを取り付けるだけだと楽なんですが…笑

他に必要部品

  • パーキングアシストコンピューター(カメラコントロールユニット) 純正品番 86792-30010
  • クラウン純正バックカメラ 純正品番 86790-30010
  • 純正バックカメラ付車用ワイヤーハーネスプルーフ 純正品番 82705-30020
  • 各コネクター 5種類
  • シールドワイヤー数種類
  • 他消耗部材多数

作業内容としてはまずバックカメラの取付です。
このクラウン用のバックカメラを取り付けるにはトランクの鉄板部分のカットが必要になります。
カメラ自体はクラウン純正でなくても取り付け可能ですのでその点はケースバイケースで良いかも。

次にワイヤーハーネスプルーフを交換してしまいます。
これを交換することで車両途中までのハーネスの制作が不要になります。
ワイヤーハーネスプルーフを交換しない場合はカメラからパーキングアシストコンピューターまでハーネスをダイレクトに持って行けば良いです。

クラウン パーキングアシストコンピューターの取付パーキングアシストコンピューターをセットします。
あとは純正EMVとこのパーキングアシストコンピューターを接続します。
この際ハーネスの制作が必要です。

クラウンに純正バックカメラを取り付けた状態トヨタ クラウンに純正バックカメラの装着が終わりました。
さすがに純正だけあって綺麗にスマートに取り付け可能です。

180系クラウンに純正バックカメラの取付少し離れた位置だとカメラの存在はわからないですね。
さすが純正クオリティー

クラウンの純正バックカメラからの映像バックカメラからの映像はご覧の通り。
パーキングガイド線も表示されます。
ハンドルの切り具合によって予定進路が表示されるので便利です。

今回の作業によってクラウンの純正EMVのバックカメラ無し車がバックカメラ有り車と全く同一になります。
機能的にも全く劣ることなくバージョンアップが出来る訳です。
市販ナビにカメラを取り付けるより部品代や工賃はかさみますが純正の利便性を考えると…
オススメできる選択だと思います。