• このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW 1シリーズ(E87)にパイオニア製1DINオンダッシュカーナビ「楽ナビ」とバックカメラ及びETC車載器、GPSレーダー探知機の設置を行いました。
オンダッシュモニターの設置には当店でも人気のオンダッシュモニターブラケットDBB-E87Pを使用しています。
詳細:BMW1シリーズ オンダッシュモニターブラケット DBB-E87S/P

カーナビ:パイオニア 楽ナビ AVIC-HRV200
バックカメラ:パイオニア ND-BC4
ETC車載器:CY-ET908
IP-BUS音声出力:CD-BR10

BMW 1シリーズにパイオニア製カーナビの取付BMW 1シリーズ E87
ダッシュボードに小物入れがついてあるタイプです。
オンダッシュモニターブラケットはこの小物入れを使います。

BMW 1シリーズ オンダッシュモニターブラケット DBB-E87S/Pを使用すでにモニターを設置した状態です。
小物入れを外しオンダッシュモニターブラケットを設置します

BMW 1シリーズにバックカメラの取付バックカメラはバンパーを加工して埋め込みます。
センターに取付けることが可能でした。

BMW 1シリーズにバックカメラND-BC4の取付け例によって離れて見ると…
目立ちません。

BMW 1シリーズ バックカメラからの映像バックカメラからの映像です。
設置位置が低いのとバンパーが映る位置ではありませんが視野角はよい方です。

地デジチューナーはラゲッジスペース内デッドスペースに設置しました。
外からは見えません。

BMW 1シリーズの助手席側グローブボックス下にカーナビ本体の吊り下げ本体は助手席側グローブボックス下につり下げます。
CDやDVDの出し入れを行いますのでフロントアクセス可能な位置に設置しましょう。

音声は本体よりIP-BUS音声出力:CD-BR10を使用してRCA出力に変換して純正オーディオのAUX-INに入力します。
これによってカーナビ側の地デジ放送やミュージックサーバーの音をクリアな音質で出力することが可能です。
FM出力だとどうしてもノイズがのってしまいますので…

BMW 1シリーズにGPSレーダー探知機の設置、取付GPSレーダー探知機はこのような感じで取付けました
もちろん配線は隠します。

BMW 1シリーズ(E87)にカーナビの取付完了BMW 1シリーズに楽ナビのオンダッシュモニターが綺麗に収まりました。
あと数枚写真を掲載しますが非常に違和感なく装着可能です。

BMW 1シリーズ(E87) 楽ナビAVIC-HRV200
BMW 1シリーズ DBB-E87S/P AVIC-HRV200取付その1

BMW 1シリーズ DBB-E87S/P AVIC-HRV200取付その2

BMW 1シリーズ DBB-E87S/P AVIC-HRV200取付その3

BMWは純正カーナビiDriveを選択可能ですが発展性を考えると市販カーナビがおすすめです。
インストールキットも各車種発売されていますので…
今回のBMW1シリーズ オンダッシュモニターブラケット DBB-E87S/Pも非常に質感もよくまるで純正ルックのような仕上がりになります。
パイオニア用とサンヨー用がありますがサンヨー用DBB-E87Sは汎用性が高く7インチモニター採用のポータブルカーナビであれば色々な機種で使用できます。
ベゼルがフラットであり大きさが730DTとさほど変わらなければあくまでも構造上は取付け可能