• このエントリーをはてなブックマークに追加

東北地方太平洋沖地震、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

まずはこの度の地震で犠牲になられた方のご冥福を心からお祈りいたします。
また被害にあわれた方へお見舞いを申し上げます。

日本中が心痛む中何をすればいいのでしょうか?
「不謹慎」や「自粛」と言う言葉が飛び交っていますが何から何まで不謹慎や自粛で終わっていいのでしょうか?
火事場泥棒や略奪と言うのは不謹慎なんてもんじゃなく鬼畜行為そのものです。
最低最悪の人間(と言うより人の所業のなせることではない、いわば鬼畜)であり厳しく罰せられるべきです。

何かと不謹慎と言う言葉も飛び交っています。

私的な考えではありますが…

この大災害で日本中が悲しいのは事実です。
ですが命を残された日本人、被災地を免れた場所、人は何をすべきでしょうか?
私は普通に普段どおり生きるべきだと考えます。
普通に仕事をして普通にご飯を食べる、悲しいときは泣き楽しければ笑えばいいと思います。

サッカー選手はサッカーをして野球選手は開幕を迎える。
お笑い芸人は笑わせてくれればいい。

実はワタクシは今回の地震の3日前に母親を亡くしました。
悲しいなんて言葉では表すことの出来ない感情につつまれ今もなお実感がない部分が残ります。
口うるさい母親でしたが今となってはその小言を聞きたいと思うのが本音です。

母親の死を前にワタクシがふさぎこんでしまえばきっと母は言うでしょう

「裕介っなにやっとんねん!!!」

って…(その一言さえ聞きたいって思いもありますが…)

だからワタクシは笑います。
普通どおり仕事もします。

だからと言って悲しくない訳がありません。
悲しむこととふさぎこむことは別物と考えます。

何一つ安心させてやらぬまま死んでしまいましたが仏になった母に嘘は通じないと思います。
せめて向こうからワタクシの事を怒鳴らないでいいように今まで以上精一杯生きていきます。

昨日二七日(になのか)でお坊さんがおっしゃってました
「生きてて無駄な命は無い」
と、…

残された命なにか使命があるはずです。
無限の命ではありません。
今を大切にその使命を探し全うしたいと思います。

最後に
被災に遭われた皆さん日本中で応援しています。
いつか笑える日が来ることを…