• このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の夜は実家で晩ご飯を食べた。
弟が実家に帰って来てるのでしばらくは弟を待ってたんだが帰ってこないので先に食べることに…

おとんは早くに夕飯をすませてたのでワザワザワタクシの分だけ作ってくれた。
メニューは「とんかつ」
薄い豚肉を重ねたトンカツだった。
焼き色も良いし味もGood!!
おとんの料理の腕は若干上達したみたいで少し安心した。

昨日は泊まる予定でもなく車で行っていたのでビールは飲まず

1枚目のとんかつ

にキャベツの千切り(これまた器用に見事に千切り)茶碗に大盛りのご飯を食べ終え2杯目をよそい

1枚目のとんかつ

も残り2切れになった頃

2枚目のとんかつ

が現れた…

コマンド
>食べる
・やっつける
・逃げる
・逃げる
・逃げる
・逃げる
・見なかったふり…

ギョッとしたがまぁお腹もすいていたので2枚くらいは食えるかな?
そう考えつつ2杯目のご飯のペースを落とし「2枚目のとんかつ」を切り食べ始めた

1枚目にあれほど

ワタクシ心の声 「やっぱとんかつは薄い豚肉を重ねた方が柔らかいしご飯に合うな!!」
ワタクシ心の声 「コロモもサクサクして美味しいやん」

とパクパク食ってたんだが2枚目になると

ワタクシ心の声 「重ねてるから脂っこいな…」
ワタクシ心の声 「コロモぶあついっちゅうねん…」

キャベツの千切りも1枚のペースでたいらげていたので

私 「キャベツもうないん?」
おとん 「あるけど切らなあかん、切ったるわ」

「シャカシャカシャカ」

上手に千切りしてるわ~と思ったらスライサーやった…
俺でもできるっわい…

キャベツも来て2枚目のとんかつを食べてたらキッチンから
おとん 「もう1枚揚げるぞ、食えるやろ」

食えるかいっ…

一口カツちゃうっちゅうねん