• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪W選挙が終わりましたが…
一週間前に下書き保存したエントリーを公開しておきます。
公職選挙法では個人のブログは対象外らしいのですが…


あと1週間になりましたが「大阪知事・市長W選挙」
選挙公約等は今は触れませんが今回の選挙一部の人達が

独裁…独裁…独裁…

と、声高にわめいていますが

元は平松陣営から「橋下は独裁だ」と発したのを皮切りに昨日は

小森陽一東大教授らが17日、東京都内で記者会見し、橋下徹前大阪府知事率いる「大阪維新の会」の教育基本条例案に反対するアピールを発表した。

 翻訳家池田香代子さん、女優竹下景子さんら10人が呼び掛け、作家の浅田次郎さんや高村薫さん、哲学者梅原猛さん、映画監督山田洋次さんら58人の賛同を得たという。

 アピールは「学校教育を知事の直接的な支配下に置こうとすることに強い危惧を覚える」と指摘。「選挙に勝ったことによってあたかもすべてを選挙民から白紙委託されたように振る舞うことは、ファシズムの独裁政治を想起せざるを得ない」と政治姿勢も批判した。

 教育評論家尾木直樹さんも「政治が教育を振り回すことは、一番やってはいけない」とビデオメッセージを寄せた。
参照:日刊スポーツ.com 尾木ママ、ビデオで維新の会にチクリ

3択の女王までが…
ファシズムの独裁政治云々とあるが…
・一度当選した知事職の任期を持権力で4年を12年にして公約内容と全く異なる方針、路線で突き進んだのならその通りだ。
・知事職のまま大阪市役所に対して権限等の剥奪をしたのならその通りだ。
・知事のまま大阪市を解体したのならその通りだ。

そんなことした?

現に今自分自身が大阪市民の選挙の洗礼を受けているではないか…
選挙に勝って公約を実行することが独裁だと言われるなら民主主義って何?ってなハナシ
本当の独裁とは「恐怖」で押え込み、「独裁」と言う言葉を発することさえ出来ないのが正しい「独裁」だ。
独裁だ独裁だと騒げるのはただの少数意見のわがまま。

今の橋下氏を「独裁」だと言うなら現政権を担ってる「民主党」は独裁政治そのものだが…
民主党はまさに選挙公約なんて何のソノではないか?
選挙公約を変えるなら再度選挙を行うべきではないのか?
何でそのことには「独裁」だと言わない?

我々一般市民から見たら反橋下でまとまってる人達の方が既得権と言うより「利権」を「独裁」しているように思えるんですが…

「学校教育を知事の直接的な支配下に置こうとすることに強い危惧を覚える」
ともありますが偏った思想の大人達が継続的に支配している今の教育委員会に任せておくのもどうなの?と思わざるをえません。
子供を預ける親の立場からすれば民意を反映できる知事にゆだねる方が安全ではありませんか?

「政治が教育を振り回すことは、一番やってはいけない」
これも今回の選挙に対しこういう言葉を発することが教育や子供をだしにして選挙誘導、しいては教育を政治が振り回してる事になってるんでないかい?
教育評論家尾木直樹さんたる人が大阪市長選のタイミングで発言するって事はそう言うことでしょ?

今回の選挙平松氏にとっては楽な選挙じゃないんかな?
楽と言うのは「楽勝」を意味する物ではなくなんの政治方針も打ち出すこともなく反橋下派いらっしゃーい的な選挙なんだから…
民主、自民、共産全てが反橋下でまとまった選挙…
政治理念などお構いなしで今後これらの党はどうするつもりか?
万が一平松氏が当選しても平松氏自身各党に縛られて市長職をこなせるとでも思っているのだろうか?
そんなの選挙って言えるのか?
橋下氏に対する市民投票ではないのか?
言い換えるなら対抗馬は平松氏でも無くても良かった訳で、大阪市の市長になろうと言う人間がそんな器でいいのであろうか?

ワタクシは何も橋下氏に100%万歳ではないし異論に感じる事もある。
そんなのは本人じゃないので当たり前だ。
しかし意欲的な魅力は十分に感じる。
選挙戦を相手を批判することでしか戦えない平松氏、政治理念を無視して集まった民主党、自民党、共産党より大阪維新の会、橋下氏の方を今の段階では応援してしまう。