• このエントリーをはてなブックマークに追加

もう1昨日ですが4月8日はお釈迦さんの誕生日「花祭り」でした。
今まで信仰心など皆目無かったワタクシですが昨年おかんが他界してからお寺さんとの付き合いも始まり「お経」なるものも幾度となく聞くことになりました。

ただ「花祭り」と言う事、お釈迦さんの誕生日って事は実は18年前から知っています。
ワタクシご存じの方はご存じでしょうがバツ1だったりするのですが前の嫁さんとの間に1人の娘と1人の息子がいてるんです。
上の子である娘が18年前の4月8日に誕生しました。

娘は生まれた時に指が6本ありました。
親指の付け根横にぶら下がるようにもう一本の指が、、
指が生えてるという感じではなく皮だけでぶら下がっているような感じでちょこっとついていました。
骨は無いんですが親指の先っちょだけみたいな指
でもちゃんと爪もありましたよ。

その時おかんに聞いたんです。
「4月8日はお釈迦さんの誕生日、お釈迦さんも指6本あった」って

まさか我が第一子がお釈迦さんだなんて…笑

仏教国ではお釈迦さんの生まれ変わりだと言われるらしいですね、しかも4月8日産まれでっせ。。

まぁ指は3歳過ぎまではそのままにしておきました。
寝てる時なんかはその指くわえて寝てましたね…おしゃぶりみたいに まぁ可愛かった

そんな彼女も18歳ですか…
親は無くとも子は育つと言いますがまぁその点は前嫁に感謝です。
なので今はもう5本しか指もなく(4本なら困りもんですが…)跡も全く残ってません。

あと4月8日でおかんが死んで丸1年と1ヶ月
だから8日は月命日でもあるんです。
一周忌までは毎週第一土曜日にお坊さんに来て貰って月命日供養をしていたのですが一周忌も終わり今年からは隔月で行うことになりました。
3月に一周忌を終えましたので今月はお坊さん無し

で、その日(8日)夕方にお墓に行ったんですが親父も行ってたみたいで供えたばかりのお花がびよーんって
ちょくちょく親父は墓に行って花を供えてるんだけどなんかうちのお墓花の背が高い

花輪ちゃうっちゅうねん

あと10センチは切らな…
ワタクシも近いのでよく行きますが線香だけだけ持ってあとは手ぶらです。
たまーにお花を買っていくのですがいつも親父が満杯にしてるので入りません。
そんな時は実家に持って行くのですが…

お墓はワタクシと弟が通っていた中学校のすぐ近くに有るんですが咲いてましたね桜が満開
車を止めて思わず写真を撮ってしまいました。

我が母校冠中学校の体育館横にある桜
中学校 体育館横の桜 冠中学校


こっちはすぐ隣にある冠小学校の体育館横にある桜
冠小学校の桜 冠小学校の桜2



ワタクシが通ってた時代からあった桜なんだろうけど6年間と3年間咲く季節も咲かない季節も毎日見てきたはずなのにその当時は「桜」綺麗とか感じは全く無かったし、その場所に桜の木があったのさえ今となっては記憶に無いです。
さっき通りかかった際に桜咲いてるんや!と、思ったくらいですから…

そこにあるのが当たり前な状態の時人間はあえてありがたみも感じる事なく見て見ぬふりするって言うか存在さえ忘れてしまうのかも。
思えば親なんていて当然だった頃、今思えばもっとああしてやれたら、こうしてやれたら…
せめて、息子のことなんか全く心配いらずで行かせてあげたかったなぁーと、今となっては遅すぎる思いがこみあげます。

桜は散って次の芽を出します。
咲いて散るまでが桜の花の使命ではなく散ってなお来年の花の為に芽を出します。
人間も種の存続の為だけに産まれ死んでいきます。
そう考えるとなんの為に生きているのかむなしくもなりますが桜にたとえるならば生まれてから死ぬまでの間、人生は既に開花しているのです。
生きていること自体が花開いてるんですよっ!

2012年4月8日花祭り、娘の誕生日 夕陽
この日も夕陽が綺麗かったです
ワタクシも散るまでにまだまだすべきことたくさん作り頑張ろうと思う今日吉日