• このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ200系マジェスタにデータシステム製のエアサスコントローラーを取付いたしました。
少し車高が落ちた車がカッコ良いと思うワタクシはまだまだお若いんでしょうか…
下品にペタペタはうーーーんってなりますが上品なぺたっはジェントルですぞ

マジェスタ エアサスキット設置

URS206 トヨタマジェスタにデータすステム製のエアサスキットを取付(取付前)


DATASYSTEM ASR681エアサスキット本体+DATA SYSTEM  H-086G専用ハーネスキット製品はデータシステム製
昔からの定番ですが安定性はあるみたいです。
ちとお値段高めですが…
DATASYSTEM ASR681エアサスキット本体
DATA SYSTEM H-086G専用ハーネスキット

マジェスタ マルチビジョン取外し基本的に専用ハーネスキットを使用するとカプラーオンで接続可能なのですが…
キックパネルからマルチまで全て分解の必要があり結構大変です。
ランクルはもっと厄介ですけどね…

エアサスコントローラー本体(受信部)エアサスコントローラー本体(受信部)はグローブボックス内に設置
ここにコントローラーからの信号が入ります

エアサスコントローラーディスプレイ(送信部)送信部は運転席側のこの場所に設置しました。
この辺は好みで良いんではないかと…

マジェスタ エアサスコントローラー 左ノーマル車高 右ダウンポジション9


リア 車高ダウン マジェスタちなみにリアは9でこれくらい
走行するともう少し下がります。

ちなみにこちらのエアサスキットには保安基準設定と保安基準解除設定ってのがありましてこの写真の9って数字は保安基準解除での設定です。
9のさらに下Lって設定もございますが上品なBLOG故に割愛しています。
まぁLでもさほどはこの写真よりも変わらない感じはしましたが下げた状態でワタクシは走行していませんので…
あと車高を設定してから車高が変わっていくのは速いです。